セラミドの中でも効果的なセラミドとは

はい、「痩せた肌を甦らせる」という表現もされるセラミドさん。

前回もその良さについては語りましたが、

天然セラミドは高価であるために、セラミドの恩恵を充分受けるためには、それなりの量が必要なのに
化粧品の中には、ほんのわずかセラミドを配合して、セラミド化粧品としているものも少なくない…てかほとんどだろ。絶対。

キュ○ルとか。調べてみよかな。配合率とか。

これは、私のように純粋にセラミドの効果を信じて、スキンケアをしたい人にとっては、悲しい事実。

そんな中、低コストで、保湿効果を高めるために作られた疑似セラミドは、
人間の皮膚構造が明らかになった今なら、充分信頼に足るものとなってるんだそう。

ありがとうございます~!!ですね。

そりゃ天然がいいけどさ、意を決してじゃないと買えない化粧品では続かない…

やっぱり効果を見るためにも最低1ヶ月だけど、欲を言えば2か月以上は使って効果みたいですもんね。

人間のお肌のターンオーバーは28日とか言われていますが、そんなのは正味高校生くらいまでですよ、

基本、28日+年齢くらいで考えてもいいくらいに現代人のお肌は衰えが早いそうです。あーめん。

で、話戻しますが、セラミドの中でも安価で効果も期待できるものについて知っておくことが

今の我々に必要ってことで。

人の体に存在するセラミド構造が全て同じではないから先程言ってたセラミドの構造をまねた「疑似セラミド」にも、
いくつかの種類があります。

主に人の皮膚に存在するセラミドは7種類で、構造はスフィンゴシンと脂肪酸が結合されたものだそう。

ここんとこ意味不明ですが、ま~特に効果のあるセラミドを中心に、
番号毎にその特徴をネットで探してきましたので共有しましょう★

セラミド1
皮膚のセラミドと同じ構造。
肌表面をおおうベールの役割を果たし、外部から乾燥やバイ菌、気温、紫外線から守ります。内部からの水分を逃がさない働きをします。

セラミド2皮膚と毛髪と同じ構造。
皮膚中には、約20%も占めて保湿効果に優れています。髪のパサツキを改善させます。
特に若い角層に多く、老化と共に減少していくセラミドです。

セラミド3皮膚と毛髪と同じ構造。
セラミド2と同じ保湿効果が高く、水分を保持しシワを抑制させ、美白作用もあります。髪のパサツキや痛みを改善します。

セラミド6Ⅱ皮膚のセラミドと同じ構造。
角質のバリア機能の再生、維持、シワの改善に働きかけます。保湿効果が高く、肌再生のターンオーバー促進を促します。
髪のパサツキを改善し、フケを減らす作用があります。

これ、きちんと成分表示の化粧品を選んで、2・3・6Ⅱが配合されてるものを見つけないとですね!!

こんど探そうっと。

ほなほな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。