ひまし油~デトックスダイエット&美肌~③内臓機能正常化

これ…美肌カテゴリでよいのか?w

良いか。良いです。

「ひまし油」の使い方で世界的に有名なのが実は温湿布です。

これ、内臓のデトックス、さらにはそれを便で出してくれるという素晴らしい効果があるとのことで、

3ヶ月継続すれば一度体内がリセットされるってゆーものです。

試しにやってみたら、確かに起きたらうんち緩かった。

そしてなんだかすがすがしい!!心なしか腹も凹んでいる気が…

私は、自己アレンジで寝る前にやってそのまま朝までつけっぱなしにしたんですがね。

翌日起きてシャワーで流しましたが、ひまし油は浸透性も良いのでそんなにベタつかずサラサラ&しっとりでした。

これは続ける価値があるかも!!です。

ひまし油は安いし。

ただ、その辺には中々売っていないのでネットでどうぞ。

私は今500ml買いましたが次は1Lいこうと思っています。

ひまし油のんで、腸内デトックスしながら、温湿布で内臓もデトックスしてたら普通に体調良くなる気がする。

今どっちで買うか悩み中。

決めては送料笑。

ひまし油温湿布には後者が結構押し押しですが。

まあ、前者が石鹸作り用とかのキャリアオイル等を売っている、カフェ・ド・サボンさんというお店だからかと思いますが→→→

オイルの質には全く問題ないので笑。

では、最後に気になるひまし油温湿布の『正しい方法について』どうぞ!!コピペです!!!

手に入れるのが難しそうなものとか、やり方がめんどくさそうなところは、私のアレンジ方法を赤字で追記しています。

正しいやり方↓↓

ひまし油温シップ
--------------------------------------------------------------------------------

 昔、便通をよくするために使われたひまし油を、温シップで使うことにより、血液・リンパの循環をよくし、古くなった細胞など、体内の老廃物や毒素を肝臓を経て腸内へ排出する毒素排泄作用を強化します。

<用意するもの>
①ひまし油 : 薬局で加香ひまし油ではないものを購入してください。
②遠赤外線温熱ヒーターベルトまたは温熱ヒーターベルト
   ※ パーマクリストという商品はタイマー付
      発売元 (有)エイペック 電話0423-87-5972
→私は貼るカイロで代用
③料理用のラップ、幅30㎝×長さ約50㎝のものを4枚
 (油が染み出るのを防止するため)
→適当にお腹にぐるぐる巻きにして面倒な準備はしない派。

④クッキングペーパー(27.5㎝幅のもの)を3枚分
  3枚分の長さのクッキングペーパーを2つ折りにすると、27.5㎝×36㎝の大きさになります。
→無ければティッシュでもいいと思います。クッキングペーパーは大きいまま使用。
⑤食用オリーブオイル : エキストラバージンのもの
→デトックス効果MAXにしたかったので持ってたけど使わず。ひまし油飲んだ。
⑥バスタオル2枚。 タオルがずれないようにするために安全ピンが2本あると便利
⑦残ったオイルをふき取るためのティッシュペーパー
⑧重曹 : 薬局、食料品店で購入
→使ってない(はてしなくめんどくさがりw)

 

<やり方> 
  

①まずラップを1枚広げます。
  そのラップと10㎝程度重なるように、もう1枚のラップを広げます。
  さらに、その上に、もう一枚ずつラップを重ねます。

②ラップの上に、27.5㎝×36㎝の大きさに2つ折りしたクッキングペーパーをのせ、
 その上にひまし油を約130mlたらします。

③それを遠赤外線ベルトの上に置き、約10分間温めます。

④暖まったらそのまま、右わき腹に当てます。

⑤タオルを縦に折って腹全体に巻き、熱が逃げないようにするため安全ピンで留めます。
  温度は中温から始め、耐えられるならば高温にします。
  寝てしまいそうなときは中温が無難でしょう。

⑥シップをする時間は、1時間から1時間半。
  タイマー付きなら寝過ぎても温度管理に心配はありません。

⑦シップが終わったら、ティッシュペーパーで汗と油を拭きとります。
   このとき20ml(コップに9分の1の量)の微温水に重曹を小さじ3分の1入れ、
   溶かした重曹水を用いて体を拭けば、体から油・酸を取り除き、また体から
   生じた自然の分泌物を除去できます。

⑧はずしたシップは、冷蔵庫で保管します。
  一度作ったシップは、時々ひまし油をたしながら3週間ほど繰り返して使えます。
  ただし、他人との共有はしないでください。

→右脇腹にひまし油をダイレクトにべっちゃり(結構多め)塗って、その上にキッチンペーパーを1枚かぶせて、
ラップでお腹まわりぐるっとまいてキッチンペーパー固定。
右脇腹にそのまま張るカイロをラップの上から貼っておしまい。

 ひまし油温シップは実に気持ちよく、代謝をうながすため、翌日の便の表面に脂気が多くなります。
 ただし、シップ中に体温がどんどん上昇していくときは、救急車を呼ぶように指示しています。
例外中の例外として、急を要する炎症性の疾患(盲腸など)が考えられるからです。

 ひまし油シップは、3日続けたら4日休む。これを3週間繰り返します。
次の1週は休み、それを繰り返しおこないます。
 3日目の夜、寝る前に大さじ1杯から2杯のオリーブオイルを飲んで寝ると、消化管、腸からの排泄が促進され、より効果的です。

てな感じです。

とりあえず、お腹にひまし油塗ってそこをあっためたらいいんですよ。
最低1時間半~ね!!

僕、こんどこそこれで痩せたいです笑。

継続はは力なりなので今晩からまじめにやり始めてみます。

ほなほな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。