ルミキシル段階別使用方法

こいつどんだけルミキシル(Lumixyl)ブライトニングクリームのリンク貼って押してくんねん。

と、陰で言われてそうですが…笑

実際自分の家族以外には教えてないんですよね~

本当は内緒にしたい。

でも、このブログを見てくれている人は美肌になりたくってなんとか色々ネットサーフィンしてこの特にランキング上位でもなく見つかりにくいブログにたどり着いてくれたので、本当に効果あるものオススメしたいんですよね。

私も同じように必死に必死にネットサーフィンして色々な情報をGETして今に至るので。(まだまだ修行中ですもちろん)

てなわけで、ルミキシル(Lumixyl)ブライトニングクリームってこんなん↓

•高い美白力と非刺激性を両立
•チロシナーゼ抑制率86%(ハイドロキノン比17倍)
•皮膚細胞への毒性作用が無い(非毒性)
•常温保存でも酸化せず、効果の有効性を維持
•敏感肌でも安心・全ての肌タイプが使用可能(非刺激性)
•水溶性で肌に馴染みベタつかない
•長期間使用しても皮膚が薄くならない
•保湿効果が含まれている
•美白製品特有の不快な臭いが無い
•ハイドロキノンの有効な代替品
•医療機関専売品

だからハイドロキノンより高いです。4倍はします。
でも毎日安心して使えるし敏感肌でもOKOKなので1ヶ月4500円くらいの投資になりますが
価値あると思います。

てなわけで、ルミキシル特集少し空きましたが続行です~

今回はステップアップした使用方法↓
PCで見た方がいいかも。

rumikisiru.jpg

これもネットで見つけたもの。

携帯で見てて見にくい方用にURLも貼っときますね❤→コチラ

注目すべきはルミキシル(Lumixyl)グリコピール10ローション or ルミキシル(Lumixyl)グリコピール20ローションの使用頻度。

グリコール酸ピーリングは5%前後なら毎日使用OKですが10%以上になると刺激が強すぎることもあります。

慣らすという意味で5STEPにわたって使用頻度変わってるんだと思います。

でも、ピリピリがきつかったりしたら無理に毎日使わなくっていいと思うし、ルミキシル自体はずっと使って大丈夫ですが、
グリコピールローションはこの10%以上の濃度を使い続けると皮膚が薄くなってしまうので1ヶ月使って1ヶ月休むとか
自分なりに調整が必要と思います。

ピーリングはやり過ぎると肌のキメがなくなっちゃうので要注意です(゜_゜>)

てなわけで、この最強ルミキシルさんでさえ8週間(約2か月)は効果実感に必要ってことですので

美白は1日にしてならず…

美肌も1日にして成らず…

てことでスキンンケアは気長に毎日きちんと継続でがんばりましょうなん♪

ほなほな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。