くすみの原因別対策

はい。

やみくもなスキンケアってマジで効果でないので
きちんと、目的を明確にして、その原因分析と有効成分の調査、有効成分の有効濃度も調べてから取り組みましょう。

昨日の『くすみの種類とその原因を知る』の続き。

くすみの原因各々に対する対策はコチラ↓↓

1.血行不良くすみ
血行不良くすみの方は、体全体の血行を良くしましょう。

①顔の体操
簡単な顔の体操で、くすみが気になりやすい顔の血行を促しましょう。
いわゆる「顔ヨガ」的なアレです。
コレ、実は結構気持ちよくって私もお風呂で毎日やってます。
『顔って意外と凝ってるなんなー』って感じ。
トイレとか風呂とか簡単に出来るので、気づいた時にやってみてください。

②入浴
体を芯から温める必要があるので半身浴です。
夜の入浴は、38℃~40℃くらいのお湯に15分~20分程度ゆっくり入りましょう。
NOシャワー!!
私は、首の後ろとか結構温めるように半身浴の合間に全身浴してます。

体の冷えは顔のくすみに繋がります。
体を冷やさないように気をつけましょう。
アイス食べ過ぎNO!!

③軽い運動
体の冷えを取り除くような軽い運動を心がけましょう。
おすすめはウォーキングです。
運動不足の方は、1回30分~1時間を週1~2回から始めてみましょう。
軽く体を動かす事で、質の良い睡眠をとる事にもつながります。

2.乾燥くすみ
乾燥によるくすみは、肌の保湿・ターンオーバーを整える事が大切です。

①保湿
保湿が足りないと、乾燥だけでなくシミ・シワなど肌トラブルを起こします。
顔は、保湿成分が含まれているものを選んで保湿をしましょう。

オススメはセラミドとヘパリン類似物質あたりですかね。

お風呂上りは、肌が濡れた状態でクリームやオイルを塗る事がポイントです!
濡れた状態だとクリームなどが伸びやすく塗り広げやすいです。
特に乾燥が気になる部分は、クリームなどを重ねてつけてください。

②ターンオーバーを整える
ターンオーバーを整える事で、古くなった細胞が肌の表面から剥がれ落ち新たな細胞が肌の奥で作られます。
肌は日々少しずつ新たなものに変わっているので、くすみのある肌も新たな肌に入れ替わります。
ターンオーバーの周期は28日~数か月とされていて、年齢によって周期が異なります。
『ターンオーバーを制する者は美肌を制する』と私が日ごろ言っているとおりです、はい。

3.メラニンくすみ
メラニンくすみには、紫外線対策がとても重要です。
紫外線対策以外にも、すでにすでにくすんだ肌を生まれ変わらせるために、
保湿・ターンオーバーを整える事も心がけましょう。

①紫外線対策

紫外線の刺激によってメラニンが生成されるので、紫外線対策をしましょう。
外出時は日焼け止めや日傘などで紫外線をカットしましょう。
家の中にも紫外線は入ってきますので、なるべく在宅中でも日焼け止めを塗りましょう。
家にいるのに日焼け止めを塗るのは面倒という方は、遮光カーテンやUVカットシールを貼る事も有効です。

②保湿、③ターンオーバーを整える
乾燥によるくすみと同様に、メラニンくすみの方も、『保湿』と『ターンオーバーを整える』事が大切です。
保湿・ターンオーバーを整える方法については、『グリコール酸』『クエン酸』のカテゴリをご覧ください。

④洗顔方法

洗顔などで肌を摩擦すると、メラニン生成の原因になります。
肌を摩擦しない正しい洗顔方法を心がけてください。

4.黄ぐすみ
黄ぐすみ解消のためには、食生活を見直す事が大切です。
食事の他にも、喫煙を控える事、保湿・ターンオーバーを整える事もとても重要です。

①食事

黄ぐすみの悪化を防ぐために、食生活を見直してみましょう。
食生活のポイントは4つあります。

・糖質を控える
・脂質を控える
・ビタミンE、ビタミンC、ポリフェノールなど抗酸化ビタミンの摂取
・野菜を最初に食べる

・糖質を控える
炭水化物や砂糖の摂り過ぎは控えましょう。

しかし、まったく摂取しないのも栄養バランスが崩れてしまい、体に良くありません。
炭水化物は、白米⇒玄米、うどん⇒そばなどに変えるだけでも良いでしょう。

また、糖質を減らすのが難しいという方は、アルギニン酸が含まれる食品(大豆・ごま・鶏肉・玄米・落花生・くるみなど)を積極的に食事に取り入れてみてください。
アルギニン酸は糖化を防いでくれます。

・脂質を控える
油を使った食事を摂り過ぎないようにしてください。
自宅で油を使う時は、酸化しにくいオリーブオイル・なたね油・ごま油などを使いましょう。

・ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなど抗酸化ビタミンの摂取
抗酸化ビタミンは、肌を酸化・変色させる活性酸素を除去してくれます。

ビタミンC:野菜・果物類(特に赤ピーマン・イチゴ・柑橘類など)
ビタミンE:アーモンドなどナッツ類・たらこ・大豆・アボガドなど
ポリフェノール:ブルーベリー、赤ワイン、ブドウ、すいか、玉ねぎ、りんごなど

★関連記事:『ビタミンC&E 効くサプリの飲み方について』

・野菜を最初に食べる
野菜を最初に食べる事で糖質の吸収を遅らせ、血糖値が上がりにくくなります。

②タバコを控える
タバコは肌を酸化・変色させる活性酸素を発生させます。
くすみが気になる方は、強調文出来るだけ控えるのが望ましいです。

③保湿、④ターンオーバーを整える
すでにくすんでしまった肌を生まれ変わらせるために、
乾燥・メラニンくすみと同様『保湿』『ターンオーバーを整える』事を心がけましょう。

とまあ…
9割引用しまくりましたが、
『保湿&ターンオーバーの正常化』
ってのがとにもかくにも大事ってことですね。

さて、これらを踏まえてお姉ちゃんの『1ヶ月でくすみなんとかしてよ計画』は何をどう使おうかしら…

日曜までに考えなきゃ。。。

ほなほな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。