【手順】トレチノイン&ハイドロキノンの美肌療法

さて、私や私の周りの子もですが、いよいよ本格的に紫外線量も減ってきてくれたので…

今こそ、ニキビ跡やシミ等「トレチノイン&ハイドロキノン療法」やろう!!

ってなっているかと思います。

え?何それ?どうやるん??という方にも知識になるように手順を簡単に書こうと思います。

『注意点』も別途まとめて書くので、まず手順ね。

この『トレチ&ハイドロ』カテゴリにちまちま書いていきます。

では行ってみよー!!

基本的に「東大式トレチノイン療法」です。

1)石鹸で洗顔します。良く泡立ててごしごしこすらないようにしましょう。
→北原石鹸とかオススメ。私の妹はこれで実践しました。普通の石鹸押しです。

2)保湿化粧水 刺激の少ないもの。適度な保水成分を含むもの。
美肌水とかでいいと思います。(作り方載せてる記事にジャンプします。)保湿のみの安いやつでOK。

3)ビタミンCローション 高濃度のもの。(6~10%)全顔に広く使用。

4)トレチノイン(ゲルorクリーム)を、しみ・ニキビ跡の部分からはみ出さないように
ベビー綿棒で薄く丁寧に塗り、乾かします(1-2分)。

5)乾いたら、それより広い範囲にハイドロキノンを塗布。ハイドロキノンは、患部だけでなく全顔に塗ってもOK。

 ・はじめは1日2回(朝、晩)ご使用ください。
(日中内勤ではなく、外出が多い方は夜だけをオススメします。)

 ・赤みが強くなってきたら夜のみ1回お使いください。
(赤み&かゆみ&皮剥けが代替2~3日、遅くても顔の場合は1週間くらいで起こります。
1週間以上たってもこれらが起こらない場合はその濃度が自分の反応濃度より低いということなので
濃度UPをしましょう。)
 
・境界がはっきりしているときは、なるべくしみやニキビ跡のふちから出ないようにして塗ってください。

・反応、刺激が強すぎる時はトレチノインのみをお休みして、
ハイドロキノンクリームのみを塗ります。

これは指で、広くはみ出して(例えば顔全体に)塗ってください。
ハイドロキノンは必ず朝、夜2回使いましょう。
トレチノインを使わない朝もハイドロキノンだけは塗布。

その代り、朝は、ハイドロキノンの後に日焼け止めクリームもしくはUVカット入りの化粧下地クリームを塗ります。
強くこすらずに、上に重ねて置く感じで塗ってください。余分な分はティッシュペーパーなどで静かにふき取りましょう。
お化粧をする場合は、クリームやパウダー(UVカット入り)のファンデーションを使います。

【朝の手順】洗顔→保湿化粧水→ビタミンC化粧水→ハイドロキノン(全顔)→化粧

コンシーラーやパーフェクトカバーなどのカバー用ファンデーションを使うこともできます。
夜の場合は、オイル(スクワラン等)でカバーすると皮膚のツッパリ感や乾燥を防ぐことができます。

以上の塗り方が、治療開始時の塗り方です。

こういうのは、『基本に忠実に』が一番良いと思いますので
最初から変にアレンジせず安全な方法で確実に効果得れるように頑張りましょう~!!

ほなほな

(BIHAKUEN)ハイドロキノン4%20g1本とトレチノイン0.05%20g1本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。