『トレチノイン&ハイドロキノン』で治療出来るシミと出来ないシミ

なんか、このカテゴリを読めば読むほど『トレチノイン&ハイドロキノン』って万能薬!!

的な気がしてきちゃいますが…

残念ですが、そーでもない。

そーじゃない場合もあります。

薄くならないシミもあります。

素人目では、やってみないと分からないので、
見極め自体はお医者様にしてもらった方がいいかもですね。

私、なんか細かいニキビ跡だと思っていたモノが「ウイルス性のイボ」って言われたのありました。

遺伝性で成りやすい人とかあるらしいです。

とりあえず、パッと見でわからないものは、
お医者さんに無料カウンセリングとかあるんで見てもらった方がいいかも。

で、話だけ聞いて、『また来ます~』とか言っておいて、
自分でオオサカ堂で薬剤買ってやるとかNE!!

まずは、シミの種類について。
ニキビ跡も炎症性色素沈着ということでシミ扱いです。

■ 顔のしみの分類

以下は、顔のしみの代表的なものです。

●ほくろ
0.5mm~3mmくらいの大きさが多い黒いものです。

●色素性母斑
生まれつき存在する黒色のあざ。

●肝斑
ほほ骨の上や、額やエラの上に、左右対称に広がる、ぺったりとした薄茶色のしみ。
ホルモンの影響による。

●そばかす
両頬や鼻の上に茶色の小さい斑点がたくさん散在するもの。

●扁平母斑
生まれつき、もしくは思春期に発生する。
薄い茶色からかなり濃いものまであり、黒い毛を伴うものもある。

●日光性色素斑(老人性色素斑)
30歳代以降、加齢にしたがって出現してくる。
比較的濃い茶色を呈し、輪郭ははっきりしている平たいしみ。最も良く見られるしみです。

●老人性ゆうぜい
加齢に伴い現れるいぼ。
茶色からこげ茶色をしており、盛り上がっている。脂漏性角化症とも言う。

●炎症性色素沈着
キズ、やけどなどの炎症の後にできる色素沈着。

●後天性真皮メラノサイトーシス
(遅発性太田母斑)
両頬にでる斑点状の黒茶色や灰色のシミ。
目の下や額に出ることもある。真皮にも色素がある。

■ トレチノイン軟膏が有効なしみと、あまり有効でないしみ

* 比較的短期間によく取れるもの
日光性色素斑、炎症後色素沈着、そばかすなど

* 治療にやや時間がかかる(2クールを要するもの)
肝斑

* 再発傾向のあるもの
扁平母斑、そばかす

* 本治療後にレーザーを行うもの
遅発性太田母斑、太田母斑

* 取れないもの
黒いほくろ、色素性母斑

* まずレーザーなどのほかの治療法を行う必要があるもの
老人性ゆうぜい

ということです。

基本肝斑やニキビ跡はOKなので薄ら出てきました系の茶色は撲滅運動できそうですね。

(BIHAKUEN)ハイドロキノン4%20g1本とトレチノイン0.05%20g1本

トレチ&ハイドロではなく、美容レーザーで治療する方が、
ちょっと高いけど早かったり、ダウンタイムとかもないもの多いので
私は美容皮膚科もオススメ派です!!

今は初回トライアルとかで安く施術してもらえることも多いので、
初回荒らしでもして美容レーザーデビューも個人的にはよいかなと思ってまぷ。

ほなほな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。