肝斑治療できるレーザー スペクトラとは

さて、肝斑治療できる美容レーザーのおためしが安い!!

ってことで、本当に先週思いついて予約して昨日受けてきましてん。

よく調べずにw

私としたことが!!

なんか、本当にいいことなんですが色が白くなりまして…

日々、ルミキシル(Lumixyl)ブライトニングクリームグライコ6%(Glyco 6)クリームを併用しているからだと思うのですけれどね。

色白くなってなんか肝斑薄いのに目立って!!!

しかし、SBC(湘南美容外科クリニック)の先生にも

『え??肝斑ある?よく見ないと分からないけど!!気にし過ぎでしょ』

と言われましたが気になるのよ!!

毎日鏡を1cmの距離で見ているとNE!!w

とにかく気になったら試してみたいひとなので、
試しやすい価格にものせられたこのスペクトラが皆様にもオススメできるものか否かってことでレポ!!

スペクトラとは…

スペクトラは2種類の波長のレーザー使用します。
532nmはメラニンに対して最も高い吸収特性を持った波長です。
1064nmは効率よく深いところまでレーザーが届きますので、あざ治療に用いられますが、
特に肝斑の治療では最大限にその特徴が生かされます。

2つの波長が搭載されていることで、それぞれの波長の特性を活かして照射しますので、
炎症性色素沈着(PIH=ニキビ後の一種)などが起こりづらいと言われています。

さらにスペクトラは2種類のパルス幅を選択して治療を行えます。
ショートパルスではメラニンを鋭く破壊して、シミやあざなどを破壊し、
ロングパルスではニキビやリジュビネーション治療として使用します。
しかもこれはノーダウンタイムの治療となります。

肝斑治療を実現するにはとにかく短いパルス幅
それによって生まれる高いピークパワーが必要です。
この2つの要素が、肝斑のメラニンを瞬間的に破壊し、
かつ周辺組織への熱伝達を防ぎ、安全な肝斑の治療を両立させるのです。

らしい。
意味わかります??

分かんないですよね~

ってことで、看護師さんに簡単に聞きました。

『肝斑が濃くならないくらいの浅い部分にも細かくあてることができるから、
それを回数重ねて薄くしていくって感じです。』

とのこと。

わかりやすくなったのかはさておき、(笑)

1回で劇的に変化するわけじゃないみたい。しゅん。

1回で劇的に変化するのはCO2フラクショナルレーザーとかみたいらしいですが、
それだと引くほど肝斑が浮き上がってくるらしいです!!!

恐怖的に!!後悔しかないから絶対肝斑部分は避けた方がいいですよって言われました。

CO2フラクショナルレーザーは凹凸ニキビ跡に効果絶大らしいので
読者の方のためにも調査してたとこなんですが、いいこと聞きました。

死んでも肝斑部分は避けて受けます!!

てなわけで、ま~3回の施術を受けての感想お待ちください。

ちなみに、ノーダウンタイムの中では1位と思います。

赤みは当てた直後は出ましたが、家帰った1時間半後には引いてました。

翌日も特になにもなし。

施術中の痛みもぜんぜん余裕で我慢?というか最後心地よくさえなった来ました。

その点ではまずオススメ。

くすみや肝斑が気になる人にスタートの美容レーザーとしてはかなりとっつきやすいと思います。

美容レーザーや光治療に共通しますが、

ピーリング同時施術した方が効果大!!らしいです。

私も勧められました。

でも、ケチなので断ったけど。

たしかに、レーザーフェイシャル2回受けた時はピーリングもしてもらってあててました。

セット価格でやすかったので、(グルーポンだしw)
ま~なんにせよ、レーザーにおいて顔そり&ピーリングは必須です。

ケチりたい人は前日にグライコ6%(Glyco 6)クリーム塗ったりクエン酸洗顔したりしましょw

ちなみに、このスペクトラのメラニン死滅作用凄かったのが、

剃り残した産毛に打ったら真っ白なりました。

すごいですよね。

コメカミの産毛やから別にどーでもいいんですけど…

なわけで、威力自体は目の当たりにしました。

そして、翌日から顔のトーンUPしてる気がなんかします。

気のせい?

や、んなこたない。

ただ、顔のトーンアップより肝斑消えて!!

ほなほな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。