トレチノインの濃度について

トレチノインでお肌を再生したい!!

という方!!

確かにトレチノインって皮膚の細胞分裂を活性化させて、
滞っていたターンオーバーも復活!!
赤ちゃんみたいな新鮮な肌(表現が変w)
が出てきて、まさに肌の生まれ変わりを実感できるのでオススメなんですが!!!!

このトレチノイン使用には注意が必要です。

中々激しい薬なんですよ。

その最たるものは…

濃度です。

巷では、いろんなブログで0.1%を試した体験談をのせていらっしゃる方が多いですが、
万人にとってこの0.1%がいいというわけではありません。

トレチノインは

0.025% 0.05% 0.075% 0.1% ~0.4%(もはや劇薬。致死量的に高い濃度)

が出回ってます。

何故かというと、人によって反応濃度が違うからなんです。

こういう場合、例えば0.025%で十分反応して、赤みや皮剥けする人が、

倍の0.05%使用すると…

☠悲劇的に顔がズル剥けになったりします☠

私も最初に処方された時は0.025%でした。

(BIHAKUEN)トレチノイン0.025%

で、2週間つけても何も起こらないので0.05%へUPという感じで、
今のところ0.05%が私の反応濃度です。

お母さんは0.1%。
0.05%だと赤くもなりませんでしたw
歳の分だけ面の皮が厚いのかしらw

妹は0.05%でしたが、これを2か月連続使用した後は、4か月期間を上げても0.05%では
緩くしか反応しなくなってました。
つまり耐性ができたということです。
なので今後は0.1%にUPするのがベター。

0.1%以上は中々UPはないです。

毎月全顔トレチノインしてるくらいのヘビ-ユーザーでないとそういうことは無いと思います。

てなわけで、スタートの反応濃度は人によって違います。

ケチって確実っぽい0.1%から始めずに、0.025%から始めましょう。

だって、もし03.025%が反応濃度だった場合、0.1%とか4倍ですよ??!!

肌にとったらマジで地獄でしょ!!

『1週間塗って、肌に変化が無ければ濃度UPする』

のが様子見のベストと思いますので、皆さん焦らず!!

急がば回れで0.025%からでお願いします。

(BIHAKUEN)トレチノイン0.025%

ほなほな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。