トレチノインの皮剥けが始まってからの注意点

トレチのことしか書いてない~最近w

こーもトレチのことばかり書いていると…使いたくなってきます。

(BIHAKUEN)トレチノイン0.05%

しかし、現在私スペクトラ3回全顔お試し中なので我慢。

さて、トレチノイン利用は本当に注意が多いです。

うちのお母さんとか、トレチ塗って乾かした後に化粧水全顔塗って
トレチ薄めながら顔面に伸ばすというマジで自殺行為的な意味不明な使い方してたので
激怒しときました。

頬の皮剥けが始まってシミが薄くなってうれしいみたいで、
欲張って色んな箇所に塗り始めてますあのババア…

60歳過ぎても女性は美しくありたいと思うものだというお手本ですね。

デブやけど、オカン。肌はキレイ。

で、話それました。

トレチノインには人それぞれ反応濃度があることは先に書きました。
関連記事→「トレチノインの濃度について」

今回は、そのトレチノインの反応がでた時、出なかった時について。

つまり赤くなって皮が剥けてきた場合とこなかった場合についてです。

■ 皮膚がむけ、赤くなってきたら(治療開始2~3日後)

トレチノインを塗り始めから、通常、1日は何事も起こりません。
ところが、2、3日ほど経つと、 塗ったところとその周辺の皮膚がポロポロとむけ、赤くなってきます。
(皮膚の分厚いところは5日~7日様子見)
顔を洗うときも、ヒリヒリすることがあります。
この反応は、トレチノイン治療には必ず伴う反応です。

トレチノインを塗るのを中止すれば、徐々に回復します。
皮は無理にむかず、自然には がれるのを待ってください。このように皮膚がむけ始めましたら、次のことに注意してください。

1)保湿ケア
トレチノイン治療中は、皮膚の角質層がはがれますので、皮膚のバリアー機能や水分保持機能がなくなっています。
治療部位では水分がどんどん蒸発して、皮膚が乾いて突っ張ったりします。
また、バリアー機能がないため、いろんな刺激や外敵から皮膚を守るために皮膚を保護する必要があります。
トレチ&ハイドロ塗布後、少し時間をおいてNIVEAやヒルドイドフォルテクリーム(HirudoidForteCreame)等のクリームを塗ってあげたり、患部以外は普通にスキンケアししませう~

2)紫外線のケア
トレチノイン使用中は、紫外線の影響を非常に受けやすい状態になっています。
従って、紫外線のケアが悪いと かえってしみを呼ぶことになってしまいます。
紫外線ケアをしっかりしましょう。
刺激の少ないサンスクリーン(紫外線吸収剤が入っていない製品)や
遮光用ファンデーションなどを使用します。
特に汗をかく季節には紫外線ケアがおろそかになりますので、日中は頻繁に気を配るようにして下さい。
SPF30以上PA+++以上がオススメです。

■ 1週間使ってもまったく赤くならない場合
濃度が肌質に合っていない可能性があります。
濃度UP要ですが、0.025%→0.1%など一気にジャンプアップせずに、
1段階ずつ上げていきましょう。急がば回れ!!トレチで肌がただれたりボロボロなったら元も子もない!!

■ 治療を中断したほうがよい症状
 以下の症状が出た場合には、早めに担当医にご相談ください。

     *痛みが強すぎる。→濃度合ってないか皮膚が弱いか薄い。
     *所々血がにじんでいる。→絶対やばい。
     *数箇所ひどくしみるところがある。
     *赤くなりすぎる。

その他、不安があるようでしたら、いったんトレチノインのみを中止したほうがいいです。
自分でやる場合は自己責任なので慎重に頑張りましょう。

今オカンが頬のシミ取り中なんです!!

結果でたらまたUPしますんで!!しばしお待ちを!!

(BIHAKUEN)ハイドロキノン4%20g1本とトレチノイン0.05%20g1本

ほなほな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。