肝斑の原理について~①内因性~

※専門家でないのであくまでわかりやすくゆる~く自分が解釈した通りに書いてます※

ということで、現在肝斑治療に有効とされている『スペクトラ』というレーザー実験中です、こんにちは。

今湘南美容外科クリニックでこのスペクトラが『全顔3回15000円』というお安いお試しをしてるので
行ってみることにして先週から週1で3回受ける予定です。

26日がラストの1回。また全部終わったら写真載せます~。

てなわけで、肝斑!!

アラサー以降なんかいきなりモヤモヤしたものが目じりは頬の上の方にでてきたり…

目の周りが顕著ですが、マジで発見した瞬間絶望的になりますよね…(-“-)

無題これ、主な原因は

①ホルモンバランスによる内因性

②チークブラシや造顔マッサージのような外因性

この2つです。

今回は、私が昨日、美容皮膚科の看護師さんと話しててやっと理解しました①についてです。

①は、ホルモンバランスの乱れによって必要ないのにメラニン生成の指令が出てしまった結果の肝斑です。

このホルモンの作用によって、その箇所にメラニン生成の指令が出続けるので治すためには、
この指令を出ないようにしないといけないのです。

コレを実現できるのがトラネキサム酸です。

なので、肝斑治療にトラネキサム酸が使われます。

つまり、肝斑に置いては、
表皮(外側)からの治療はあくまで肝斑による色素を軽減させるためのものであって、
根治するものではないのです。

薄くなるけど無くならないのです!!

ここポイントです!!!

無くすのであれば、原因となっているメラニン生成の指令を妨害しないといけません。

そこでコレです。

トラネキサム酸(Tranexamic Acid)トランシーノジェネリック250mg

こんなものまで安い…オオサカ堂ありがとう。
ってことで、トラネキサム酸は保険適応なので処方箋出してもらっても安いと思います。

皮膚科に行くのが手間な場合はネットで買ってしまいましょうw

でも、1回皮膚科行けば『ヒルドイドもついでに出してください!!』とか色々結果的に安く手に入りますよ。

ただ、我々の納める大事な税金を自分の美容のために使っているという罪の意識もあるかと思いますので
そんな時はオオサカ堂でどうぞw

私はピル飲んでるので併飲できませぬ。
長くなるのでその理由は別途。

トランサミン500mg(Transamin)

トランサミン250mg

トラネキサム酸の効果は4~5週間で出てくるそうです。
ざっくり1~2か月頑張ることから始めたらいいってことなので
是非ご参考に~★

ほなほな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。