効果を発揮するトラネキサム酸摂取量

はい、重要な事ですが…

サプリもただ飲んでいるだけでは効果が発揮されません。

効果が発揮される飲み方というのが大事。

そうでなければ正味毎日ラムネなめてるのと同じレベルで美容効果はない。

ま~ラムネも成分にクエン酸入ってるから美容効果無きにしも非ず??www

さて、肝斑に非常に有効な内服薬のトラネキサム酸、せっかく飲むならきちんと効果実感しましょう!!

再三言ってますけど、肝斑は原因はホルモン分泌の状況変化がきっかけになる事が大半、
日光を遮ったり、不摂生を改めたりで改善するものではない。

内服薬とスキンケアしか対処法が無い。食事療法とかない。

レーザー治療は唯一スペクトラというものがありますが、
根治は難しいし、相当濃い肝斑じゃないとあんまり効果実感できないと思います。
(薄めの肝斑で3回受けても薄くな貼ったけど当てるのやめたらすぐ元通りなってしまた…そして薄くなるだけで消えない)

レーザーで消えないけど、トラネキサム酸では消せる可能性があります。

何故なら、肝斑箇所のメラニン生成の指令を断ってくれるからです。

で、一日の摂取量と摂取回数について。

トラネキサム酸として、通常成人1日750~2,000mgを3~4回に分割しての経口服用。
※年齢、症状により適宜増減する(不安な人はお医者様へ)
1000mg~1500mgくらい飲んでおけば良さそうではありますね。

★剤形別の1日量(3~4回分割服用)は下記を参照

•カプセル250mg..3~8カプセル(1日量)
•錠250mg..3~8錠
•錠500mg..2~4錠
•散・細粒50%..1.5~4g

調べていると、カプセル<錠剤の方が効果実感高いみたいです。
トラネキサム酸の作用が良い…強い?ようです。
なんでやろか…ごめんなさいわかりません。
逆にカプセルの方が強そうだよね。

★服用期間
2カ月以上~3ヶ月以下

3ヶ月を上限として、休薬期間は1ヶ月を設けて再服用可。

2カ月以上は臨床のデータ無いらしいですよ。
そして3ヶ月以上の連続服用をNGとしているのは、前にも書きましたが
トラネキサム酸が止血作用があるため、血栓が出来やすくなる成分だからという理由です。

(参)過去記事
【肝斑・シミ】内服での対策~ピルとトラネキサム酸併飲の是非について~
ピルとトラネキサム酸を併用飲する方法
やっぱダメ!ピルとトラネキサム酸の併用は

2点をきちんと守って毎日休まず飲みましょう~

てことで、私はピル飲んでいるので試せませんが…

お姉ちゃんあたりにやってほしいな~

トラネキサム酸(Tranexamic Acid)トランシーノジェネリック250mg

一応肝斑メインにしてますけど、メラニン生成を抑制しますので
皮膚のシミ(肝斑、老人性色素斑、炎症後色素沈着)に効きます。
医学的に。

ほなほな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。