【肝斑&しみ】内服での効果  Lシステインとシナールでの変化①

さて、ピルを飲んでいるのでトラネキサム酸と併飲できず…

内服での肝斑対策に悩む今日この頃ですけど。

ビタミンC摂取だけは、総合的に怠ってはいけないと思っているので
DHCのビタミンCを1日4回1粒ずつという飲み方をしたり、たまにオオサカ堂でドクターズファーマシーのマルチビタミン90粒買ったりします。

コレ安いよね~、いいと思う。私は好き。

さて、ビタミンC飲んでたところで肝斑きえるの??てこと。

そんなお手軽なら絶対飲むし。

まーこないだ説明しましたが、肝斑はスキンケアでは根治が非常に難しい。
というか不可能。

何故なら、メラニン生成指令(ホルモン)が局所的に発生しておこる現象だから。

なので特効薬はその指令を出なくするトラネキサム酸なんですが、冒頭でも書いたようにピルと併用できない。

さて、どうする内服…。

そこで、もう名前聞いたことあると思いますが次にでてくるのがLシステインね。

ほんでシナールね。

そう、Lシステインとシナールの2足のわらじでトラネキサム酸飲めない分を補おうZEって感じな訳です。はい。

序章長く書きすぎて疲れました。

続く…すまん。

明日書きます。

ほなほな

(LE)NアセチルLシステイン(N-Acetyl-L-Cysteine)600mg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。