プロアクティブの成分の違いについて~日本製&アメリカ製~ 

ちょっとPSCのお客様の資料読んでて、使ってたものにプロアクティブがでてきたので
調べてたんですよー

前にも書いたことあるんですけど、今一度…

私も23か24の時に一回買って、顔がカブレて…
(まえの会社で上司からセクハラ&イジメにあいまくってストレスで顔面に小さいプツプツがでた。)

返品したことがあります。

あの時は何の知識もなかったけど…

今なら説明できることが!!!!

日本製のものとアメリカ製のものでは実は有効成分が違います。

はい、つまりニキビへのアプローチの仕方が違うのです。

何故か…

それは薬事法の縛りがあるからです。

アメリカのプロアクティブの有効成分は過酸化ベンゾイル。

日本のプロアクティブの有効成分はサリチル酸。

過酸化ベンゾイルは、皮膚で酸素を発生します。
ニキビのアクネ菌は酸素に弱いのでこの作用を利用してアクネ菌退治するのです。

2015年にこの過酸化ベンゾイルがやっと日本の薬事法で認可されて、
日本の美容皮膚科&薬局で処方可能になりました。

が、それまでは国内販売NGだったので日本とアメリカのプロアクティブの処方は
違う必要があったのです。

で、日本での有効成分サリチル酸ですが、
これは美容皮膚科やクリニックで使用されるピーリング剤です。

つまり、日本のプロアクティブはピーリングによって皮膚活性化を促すと共に
詰まった毛穴の改善を目的としています。

要は悪いとこめくってめくってなくなるまでめくるぜ!!!!って感じ。

過酸化ベンゾイルもピーリング作用はあるので結果的にガサガサと乾燥して皮が
めくれてはくるんですけどね。

菌を死滅させるという酸素発生の作用というのは注目すべきですね。

過酸化ベンゾイルのニキビ治療薬にはベンザックジェルってのが
オオサカ堂で買えます。
日本では2.5%のものは今皮膚科で処方してもらえます。
5%以上のものはまだ販売されてません。

ベンザックジェル(BenzacGel)5%

どっちがいいかは人によりますが、こういう違いがあるので知っておくのもよいかなと思います。

まーそのうちアメリカ処方に全部なるかもしれないですけどね。
過酸化ベンゾイルが認可されたからね。

てなわけで…

参考になれば幸いでございます!!

ほなほな

☆個数限定生産で「美活道石鹸」販売中です。
植物性オイル&尿素配合&肌に良くないものは防腐剤含め一切無添加~!!!!
保湿&ゆるピーリング作用で洗顔後の乾燥が気にならない&ニキビレスなお肌を目指します!!
ショップリンク
「bikatsudo-shop」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。