【表情じわ対策】表情ジワの治し方

私のまわりは、私がアラサーゆえ

基本アラサー。

29~35歳くらいの友人がトレンドです。

みんなの悩み。

恐らく第一位が

小じわ

場所は目の下&目じり

ホウレイ線(もはや小じわのレベルではないが)

目鼻立ちがはっきりしている子の方が目の下に、涙
袋のところらへん小じわなりますよね。

わたし結構そのへんシンプルな平たい顔族なので、
保湿しっかりしてビタミンCやらビタミンA(レチノール)等でケアしていることもありますが
NOしわなんですねん。

てへへ。自慢です。はい。自慢です。

や、自慢さておき、正味同い年でもみんな結構なシワ。

でさ、お姉ちゃんもすごい笑いしわが目じりにあって毎回写真シワ加工し始めました。

最終的に今年の目標は(あと2カ月)シワ撲滅!!にしました。

いちおうカイネレースクリーム(カイネチン配合)で衰えスピードが
加速しないように…または今より改善するようにってことでゆるーく維持を目標にした
スキンケアをしておったのですけども。

お姉ちゃんの小じわが止まらない…のです。

で、おねえちゃんの場合は表情じわ。

さて、シワは程度や種類によって解決方法が異なります。

こっからまじめに説明します。

人の表情は「アセチルコリン」という
神経伝達物質が顔の筋肉を収縮させることで
作られています。

このアセチルコリンがシワ・たるみに大きく関わっているのです。

今回は表情じわで、たるみジワはまた今度です。

表情じわにはアセチルコリンの伝達をブロックして筋肉の動きを止める「ボトックス」が有効。

と、よく言われています。

アセチルコリンの働きをブロックして筋肉に命令を送れなくします。
命令が伝わらないので、筋肉は伸縮するのを止めます。
筋肉が動かなければ、シワができないという原理です。

表情じわでは、このアセチルコリンが過剰に出てしまうことにより、
眉間の筋肉が必要以上に動き、時間が経つにつれて、しわの原因になります。

だからこういう対応(ボトックス)をするんです。

でもボトックスって注射だし…ハードル高い。

しかもスペインでは法律的に禁じられている…

そこで、よりハードル低くためせるものが「アルジルリン」

アルジルリンはスペインのリポテック社が開発した成分です。
スペインは美容の先進国でありながら、ボトックス注射が法律で
禁止されていたため、ボトックスと同じ働きをする成分が開発されました。

アルジルリンは、アセチルヘキサペプチド-3と言われる
アミノ酸を集合させたオリゴペプチドの一種です。
アルジルリンの最大のメリットは副作用がないと言うこと。

アルジルリンはボツリヌス毒素と全く同じ効果があるとはいえませんが、
アルジルリンは、筋肉を収縮させる神経伝達物質アセチルコリン
(カテコールアミン)の放出を約40%抑制し、
ボツリヌス毒素は約50%抑制するので、ほぼ同等の効果があると言えます。

3ヶ月は継続してしっかりつかうと改善していきます。

ただ、私は使ったことないのであくまで原理としてということで。

1万円前後の商品を買って下さい

安物ダメです。

コチコミもしっかり読んでね!!

さて次回はアルジルリン以上と言われるシンエイクについて~

ほなほな今日はPSC!!

いってきま。

☆個数限定生産で「美活道石鹸」販売中です。⇒残り32個になりました★
植物性オイル&尿素配合&肌に良くないものは防腐剤含め一切無添加。
保湿&ゆるピーリング作用で洗顔後の乾燥が気にならない&ニキビレスなお肌を目指します!!界面活性剤不使用ですが、もちろんファンデーションも落とせます。
ショップリンク
「bikatsudo-shop」

ほなほな(2回目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。