洗顔後にすぐスキンケアしないといけない「保湿」以外の理由

『有吉が結婚したね』

て旦那に言われて、

『え?まぢで?一般人?』

て聞いたら

夏目アナだったー!!!

テレビ見てなさ過ぎて、ヤフーニュースも追えてなくてまぢ浦島太郎🤣

やー、凄いね。

有吉のイメージ(呼び捨て笑)

夏目さんと釣り合わなかったので

や、有吉は好きやけど

2人の育ちに差を感じて(有吉の生い立ちとか知らんけど)

やー、驚いたわ。

どんな会話するんやろ。

想像つかへーん。

とゆーことで、

今日は、

洗顔後スキンケアを早めにしないと

ニキビが出来やすい

とゆーお話です。
(もう序盤と全然関係ないよね笑)

これ、

『肌のpH値』が関係しています。

乾燥しないために保湿することももちろん大切。

どうしても時間が無い私のような子育てママには、

とりあえず

顔が濡れた状態で、オイルをハンドプレスして!

とアドバイスしてます。

それは、

顔の皮膚から水分が蒸発しないようにするため。

顔に水分保持をしておくためです。

が、

今回は、

『肌荒れしないために』

『皮膚のpH値を弱酸性に素早くする』

これが目的。

何故かというと、

『雑菌繁殖を抑えるから』

です。

ビオレでおなじみ『弱酸性』についてですが、

健康な皮膚のpHは4.5~6.0の弱酸性です。

皮膚のpHとは正確には
皮膚表面の皮脂膜のpHをさします。

pH値とは、酸性とアルカリ性の度合を0~14までの数字で示したもの。

中間のpH7を中性、それより大きい値をアルカリ性、小さい値を酸性です。

健康な肌のpHを弱酸性基準として、
脂性肌の方ほどpHが酸性(4.5)、
乾性肌の方ほどpHがアルカリ性(6.0)に傾いています。

いわゆる洗顔で、皮膚のpH値はアルカリ性(pH10)になります。
(結局きちんと洗浄するならアルカリ性でないと過酸化脂質など油汚れは取れませぬ)

が、普通の人ならアルカリ中和能力が作用して、
徐々に元の皮膚のpHへ戻っていきます。

勝手に。人間ってすごいw

(色んなサイトで1時間やら3時間やら10分やらと言ってるので本当はどのくらいなのだろうか問題。)

ただ

洗顔後は、できるだけ弱酸性へ戻すことで雑菌の繁殖を防ぐことができます。

何故なら、

pH値6-8がアクネ菌やブドウ球菌などの雑菌が繁殖しやすい=ニキビできやすい値なので

ここをすばやく通り抜けたい。

早く弱酸性に戻すことで、雑菌の繁殖を防ぐってことです。

なので、

化粧水等をすぐして欲しいのです。

が、

簡単で効果的な方法がもう一つ。

「すすぎ30回」

これです。はい。

まーとにかく現状自分の肌状態等含めて
色々思い当たる人は

『今より+15回』くらいでやってみて下さい。

ぬるま湯(つめため)でしっかりすすぐ。
すすぎ10回とすすぎ30回ではpH値の戻る速さが違います。
(洗顔後をアルカリ性スタートにするか、中性スタートにするかってことです。)

私の場合は、

多めにすすいで、上がったら顔濡れたままで取り急ぎオイル塗るか(gueプレミアムオイル)

Ravissaのモイストサージローション2プッシュをシャッとぬってから子供のことします。
(モイストサージは表面の保湿力が高い&ゆっくり浸透していくので時間稼ぎに使える)

というわけです。

まずすすぎの回数見直して、

お風呂上り時間無いママ達は何かできそうな対策考えてみましょう♪

ほなほな最後まで読んでくれて、ありがとうございます💖🙌

🍎美活道石鹸はこちらから購入できます↓
クリックしたらショップに飛びます。
『美活道石鹸 購入サイト』

✅小鼻のポツポツ黒ずみが気になって、いまだに押し出してる。

✅化粧水が入らず、弾かれてる感半端ない。

✅思春期でもないのに、
吹き出物が良くできる→ニキビ痕が出来る負の連鎖。

✅くすみやすい、もはや常にくすんでる。

✅年中乾燥しやすい。特に洗顔後やばい。

✅肌が硬い、ゴワついてる。

✅石鹸洗顔抵抗あるわ

な方に出会って欲しい『美活道石鹸』🧼✨

🍏Instagram
bikatsudo0621 美活道

🍎ravissaやgueが気になる!方はコチラへお願いします。
bikatsudo0621@gmail.com
※ブログで紹介している、gueやravissa、フェールプラスなどサロン専売品をご購入希望の方で、
近くに取り扱いサロンが見つからない方ご連絡ください。
(相談料などは頂きません、営利目的ではないでご安心ください笑笑)

💁‍♀️トレチハイドロ相談はコチラへお願いします。季節的に休止(冬季限定)
→ →bikatsudo0621@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です