リポソーム化とは‥デメリットがあった!

こんにちは✨

「根拠のあるスキンケアで、結果の伴うスキンケアを」
の 美活道 西原伽耶です。

リポソーム化て画期的な技術で、          医療の現場でも使われてた技術なのですが

【過去記事】リポソーム化って凄い‼️の話(『ナノカプセル化』との違い)

浸透を考えたらそら素晴らしい技術ですが、

リポソーム化する工程で

熱をかけるんですよね。

そう、

これがね、タンパク質系、

ヒト幹細胞培養液とかだと

『変性』

を起こしちゃうんですよ。

例えば、生卵に熱かけたらゆで卵になるみたいに

透明なものが白く

柔らかいものが硬く

なるわけですよー!!

なので、

純粋にリポソーム化して浸透させたかったものとは似て非なるものになる可能性がある。

のです。

そこで求められてるのが

非加熱で小さくして浸透性(細胞膜への親和性)も高くする技術。

なんですが、

そんなんあるの⁇

な難しい技術だったんですけど

見つけましたよー

うふふふふ

韓国の美容医療向けの原料開発会社にて。

見つけたのよー

うふふふふ

それは次回★

ニヤニヤしてます笑笑

今日の西原伽耶でしたー♡

ほなほな



⚜️公式HP出来ました‼‼
『美活道 西原伽耶 公式HP』
⚜️美活道オリジナル商品 click☟ 美活道石鹸/美油
『美活道 SHOP』※オリジナル商品ご使用頂いた方に、美活道公式LINEをお伝えしております♡

【NEW】
⚜️『Dr.SYS/ドクターシス』日本正規登録店になりました‼
韓国陶器肌を目指す商品詳細・体験希望はコチラ

「リポソーム化とは‥デメリットがあった!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です